« 特別のひと・普通のひと | トップページ | HP公開しました! »

2004/10/28

92時間の奇跡

 奇跡が起こった。
 92時間もの間、小さな2歳の男の子が土砂崩れに埋まった車のなかでたった1人生き抜いていたのである。車に同乗していたお母さんとおねえちゃんは土砂による窒息死、つまりほぼ即死に近い状態だった。

 車にあったポットのミルクで餓えをしのいでいたそうだが、「さあ、飲みなさい」と優しく語り掛けるひとはいない。
「もうすぐ誰か助けに来るよ」
「寒くない?ママのほうに寄りなさい」
そういう温かい言葉は全くない沈黙の暗闇の中である。
ぼうやが何か語りかけても、ママもおねえちゃんもしゃべらないし動かない。
そんな状況でこのぼうやは、何を思って孤独に耐えていたのだろうか。


 この2歳のぼうやの生還を知ってつくづく思う。
 命というものはかくも逞しいものなのか、と・・・。


 ところで、私は今までこうした災害に触れる度に、
「はたして自分に幼い我が子を守りきることができるのだろうか?」
という問いかけを自身にし続けてきた。

 「親」だからといって何か特別の能力が備わっているわけではない。
 子供からの「ママ(パパ)といれば大丈夫」という根拠がないようだが全面的な信頼と、「絶対守ってあげる」という自分の思い以外、何もないのだ。

 ・・・でも、それが1番大きな支えであり力なのかもしれない・・・

 そんなことを、今回の奇跡からしみじみ考えた私だった。

|

« 特別のひと・普通のひと | トップページ | HP公開しました! »

コメント

コメント、いつもありがとうございます。
子供って本当に親に対して絶対的信頼をもっているんですよね。
それに応えられる身であるのか、自信がないのが現状なのですが・・・

更新途絶え気味で申し訳ありません。
でも「待っていてくださる方がいるのか」と思うととてもとてもうれしいです。

その言葉にももう1度、ありがとうございました。

投稿: ぞふぃ | 2004/10/29 12:38

更新待っていました。

このニュース、同じ思いで
見ていました。
私も絶対大丈夫、と思える
母でありたいです。

投稿: みつまめ | 2004/10/28 16:51

この記事へのコメントは終了しました。

« 特別のひと・普通のひと | トップページ | HP公開しました! »