« このあと20年過ぎても | トップページ | おカイコさん »

2006/06/26

同胞の目

 例えば、駅で切符を買おうとしていて。
 もしも、貴方の前の外国のひとが困っていたらどうするか。

 「ああ、困っているこの人、
 きっといくらかわからないんだ。
 ・・・誰か英語わかるひといないかな」
 とまあ、そんなふうに思う人が結構多いのではないだろうか。

 「メイ アイ ヘルプ ユー?」
 なあんてカタカナ英語で話しかけるのも恥ずかしいしなぁ
 だって、うっかり話しかけて向こうにべらべら話しかけられたら?
 こっちが困った事態に陥っちゃうよ。
 (英語できないのに、見栄張って話しかけるからだよ!)
 という周りの冷たい視線感じちゃうじゃないか・・・
 ・・・いいやいいや、
 もっと英語のできるひとが助けてくれるまでの辛抱ですよ、外人さん。
 日本人にだって英語が上手い人は結構いるんだから、
 なにもこんな喋れない自分が助けてあげなくても大丈夫・・・

 とまあ、そんな感じ。
 不思議なことに
 ほとんど多くの英語が不得手な日本人は、
 母国語で「どうかしましたか?」と話しかけるということを
 念頭には置かない。

 だって、日本語がわからないから困っているんだから、
 だから日本語で話しかけたって迷惑なだけじゃないか。

 うーん、確かに。

 しかしわからない日本語で話しかけることって
 本当にそんなに迷惑なのだろうか。
 ここは日本で、その彼(あるいは彼女)はここに来ているというのに?

 で、
 思ったんですけど
 もしも貴方がその外人さんを気になってならないのだとしたら
 まずは日本語で話しかけてみたらどうでしょう。
 「どうかしましたか?」というふうに。

 相手が迷惑そうな顔したら、
 それはそれでいいじゃないですか。
 それに貴方のその一言で
 他の列に並んでいた、英語は出来るが無視しようとしていた人が
 見るに見かねて口を挟んでくるかもしれませんし、ね。


 それに、

 これは私のまったくの根拠のない予想なのですが、

 外人さんの「迷惑そうな顔」は
 同胞の方の「英語も大して出来ないくせに!」という視線よりは
 案外辛くないかもしれませんよ。

 結局、
 私たち英語の出来ない日本人が
 一番恐れている目ってのは、
 同胞のその「冷たい視線」のような気がしてならないんですよ、

 私には、ね・・・。


 この記事をnofumoさんの6/25の記事「シンプルな国旗」にトラックバックさせていただきました。
 英語コンプレックスに日々悩む「私」ではありますが、
 シンプルな国旗を愛しく思う「私」でもありたいと思うのですよね。

|

« このあと20年過ぎても | トップページ | おカイコさん »

コメント

nofumoさん、コメントありがとうございました。

>そんな私を見かねて、流暢な英語で助け舟を出してくれる人がいたら、ありがたく甘えることにしたいと思います。

いやいや、私が困っていたら助けてくれるのはnofumoさん以外にはいないのに、ご謙遜を!

>愛国主義云々ということではなく、フィジーの国旗を見たら、単純にそう思えたのです。

そうですね。そういう自然で単純な感情を大事にしたいと私も思います。

投稿: ぞふぃ | 2006/06/27 12:14

ぞふぃさん、トラックバックをありがとうございました。

私には、困った外国の人に声を掛ける勇気は乏しいのですが、そういう機会があると、まず、日本語で声を掛けることにしています。理由は日本語が話せる人だったら失礼だし、その人が英語を解するという保証はないからです。
まあ、そんな私を見かねて、流暢な英語で助け舟を出してくれる人がいたら、ありがたく甘えることにしたいと思います。

>シンプルな国旗を愛しく思う「私」でもありたいと思うのですよね。

同感です。愛国主義云々ということではなく、フィジーの国旗を見たら、単純にそう思えたのです。

投稿: nofumo | 2006/06/26 23:42

この記事へのコメントは終了しました。

« このあと20年過ぎても | トップページ | おカイコさん »