« ずっと疑問だったこと | トップページ | 「フラットライナーズ」 »

2006/11/02

もしも年齢及び性別が不詳なら

 夕刊を開き、
 いつものエッセイコーナーに目を通す。
 そんな時、
 ふと、何気にその文面から
 筆者の情報が入ってきて驚かさせることもある。

 例えば、
 「あれ、『妻の実家』って?
 ○美って名前だからてっきり女の人かと思っていたのに・・・
 じゃあこの人、男だったんだ?!」
 という具合に。

 私は基本的に文学界に詳しくないから、
 執筆されている方のことをほとんど知らないで読んでいる場合が多い。
 したがって、上記のようなお間抜けな勘違いは結構あるのだ。

 それでも性別のほうはそうそう間違えることもない。
 が、年齢となると
 これがなかなかわからない。
 文章の色合いには、
 筆者の考えや性格が現れることはあっても、
 年齢が現れるのということは意外とないから。
 それこそ文章中の具体的な情報が書かれていないと
 わからないことって多いのだ。

 「フムフム、3年前に生まれたばかりの甥がいるのか・・・
 ってことは、私より大分若いのかな?」
 「『戦後の間もなく』なんてあるんだから、じゃ私より随分年上なのだな。」

 なんて感じ。
 不思議なことに
 文章を書いているひとのことが
 こんなふうにさりげなくわかるというのは
 なんだか妙にうれしいかったりするものだ。


 振り返って自分を見てみる。

 自分の性別、年齢、家族構成、
 それからどこに住んでいるのか、などなど。
 もうそれらはことごとくこのブログで紹介済みだ。
 
 読んでくださる方のためにも
 もう少し秘密の部分を残しておいても良かったかな・・・
 なんてつまらぬことを考える。

 ・・・実は、
 「ぞふぃ」は男でした
        昭和一桁生まれでした
        家族はおらずひとり
        離島に住んでいます・・・なんて。

 ・・・やはり無理なうそはやめときましょう(苦笑)。


 でも、もしも・・・

 私が己のことには触れず、
 ただ考えや思いのみを書き綴っていたとしたら、
 私という書き手は
 読み手の目に一体どう映る?
 どのような想像を掻き立てる?

 それにはとても興味がある。

 今更、
 それが試せないのは
 なんだか勿体無い気がするぐらい

 なぁんだ、

 結局自分が楽しみたいだけ、ってことのようですね。


|

« ずっと疑問だったこと | トップページ | 「フラットライナーズ」 »

コメント

グリンデルさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
こちらこそご無沙汰致しておりすみません。

ああ、のろけの話は勘弁してください(汗)。
つまらぬものを載せてしまったと後悔しているのですから・・・

でも性別ではなく年齢に関してはいろいろ想像の余地が確かにありますね。

グリンデルさんって確か私と同い年だったような気がするのですけど。(間違ってたらごめんなさい。)
実はもっとずっとお若いのかと思っていたのですよ。
文章の内容が若々しいものですから(笑)。

そんな誤解もまたネットならではで楽しいものですね。

投稿: ぞふぃ | 2006/11/06 12:37

ぞふぃさん、すっかりご無沙汰しています。
いつもROMばかりでごめんなさい。
私もネット世界に足を突っ込んで5年になりますが、
その間、たくさんの人たちとの出会いを楽しんでいます。
でも、多くの方はお互い年齢がわからないですよね。
家族構成や趣味やご関心があるものを知ると
大体おいくつかわかるのですが・・・・。
でも、ぞふぃさんが女性であることは文章から明かです。
だって、旦那様とののろけ話が載るのですから。
こんな素敵なご夫婦の関係、羨ましいです。では。

投稿: グリンデル | 2006/11/06 06:26

涼さん、こんにちは。
うーん、この性別年齢不詳というのには
何ともいえない魅力がありますね。
言わば変身願望みたいなものかしら・・・

>別に嘘をついたのではなく、いわば勝手な?誤解

そうそう、その勝手に誤解されるってのいいですね。
私は年齢はともかく男性に間違えられるような文章を書いてみたいものだと、
なぜか訳もなく時折無性に感じるときがあります。
まあ、今となっては望むべくもないことですけど・・・

投稿: ぞふぃ | 2006/11/03 15:00

ははは、性別年齢不詳の 涼 です。

いえ、冗談でなく、フォーラム時代も、よく間違われました。
文章の書き方も、かなり年齢詐称のようです。

ブログでは、写真での第一印象があるみたいで、学生だと思って下さる方もいらっしゃいました。

別に嘘をついたのではなく、いわば勝手な?誤解ですよね。
それでも、続けて読んで下さっている内にはばれていくわけで、ささやかなアバンチュール?を楽しんでいます。

投稿: | 2006/11/02 17:39

この記事へのコメントは終了しました。

« ずっと疑問だったこと | トップページ | 「フラットライナーズ」 »