« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/27

伝わる憎悪

それは、
この前の旅行中のこと
駅にあったお菓子の自動販売機での出来事でした。

コインの投入口のそばに書かれている
その国の言葉で書かれた「買い方」を読んで
どきどきしながら
注意深くお金をいれ
チョコレートバーのボタンを押し
おつりが戻るレバーを私は回したのです。

おつりは戻ってきました。
しかし、肝心のチョコレートバーは取り出し口に落ちてきません。
「しまった、やり方が間違ったか?」と
もう一度「買い方」を確認するのですが、別に何の問題点も見当たりません。
…いや?まてよ…
と、良く見てみると
ああ、どうやら落ちてくるはずのチョコバーが金具に引っかかっていたのでした。
あーあ、こういうこと……
自動販売機には付き物の事故みたいなもんですね。

しかし、
そのときは
そのままあきらめるのも癪に思えたんでしょう。
よせばいいのに
近くの売店があったので
ダメモトでのそこの女性に片言の英語と身振りで尋ねてみたのです。


そのときの
その販売員の彼女のにがにがしげな顔といったら……

(訳わかんない、頭おかしいんじゃないの?!
言葉もロクに話せないくせにごちゃごちゃ言うんじゃないわよ!)
とまあそんな感じ。

もちろん本当は何と言っていたかどうかはわかりません。
でも不思議なことに
言葉がわからなくてもそういう憎悪の念は
確かにこちらに通じるものなのですよね。

結局
自動販売機のことを私が言っていることは
彼女は理解したようですが、
「あの販売機はうちとは関係ないのよ!」というような
ゼスチャをしてプイとよそを向いて全てが終わりました。


ああ
こういうのを何っていうのでしょうか?
頭から冷水をぶっかけられたような、そういう気分。


誰が悪いとか
そういう問題なのではないんでしょうが、
外国人として旅をしたり
外国人として生活するということは
そういう悪意の目にいやがおうにもむきだしにさらされるものなのだと、
今更のように知ったわけなのです。

外国で暮らすって
ホント大変なコトなんだ……って。


この件を差別とかなんだという問題を結びつけるのは
ものすごく強引だし、
短絡的で情けないとは思う……

そう思うのですが、
やっぱり私が彼女と同じ風貌だったら事態は違っていたのかな
なんてつい思ってしまう。


そういう卑屈さを自分の中に認めてしまうというか

そんなことも含めて
なんだか
とても悲しく侘しく心に残る一件、だったのでしょう。

このあとの旅の残り、
現地の人(レストランのウェイター、マックのバイト君、アイス屋の売り子さんなどなど)
の微かな表情の変化にも
妙に敏感になってしまう私がいました。

|

2009/10/23

ディバイデド バイ ゼロ だからじゃないんだ

この記事を読んだのは
遅まきながら昨日の夕方のこと。

 「2と1は等しい」 数学界で論議

Math_4


(すみません、2乗の表現ができなかったのでリンク元より画像も貼らせて頂きました)


つまり

左辺と右辺に同じ数(a、bの2乗、a-b、,b)を掛けたり引いたり割ったりしていくうちに
a=bは
2=1に変わってしまうということ

へぇーすごい
確かにこうやって式をこねくり回していくと
2=1になっちゃうね。


うーん?

でも、でも?

a=bなんでしょう?

ってことは、(a-b)ってことは100%、0(ゼロ)ってことでしょう?
じゃあ、
4行目の(a-b)を両辺に掛けた段階で、
もうこの「=」は全ての場合に当てはまるものになっちゃうんじゃないんですか?

△×0=□×0(両辺とも答えは絶対0になるから)

っていうのと同じことで。

さらに付け加えるなら
その0である(a-b)で両辺を割ることは、コレ、0で割るってことでご法度なんではないんでしょうか?
それ、いいんですか?

リンク元の記事によると
「世界中の数学者がこの論文の反証を試みたが、9月現在いまだに完全な解答と呼べる論文は出ていない」
「論文自体はいたってシンプルで、掲載された式だけならば中学生でも理解できる。しかし、それが誤りであることを証明するには非常に高度な数学の知識を必要とするため解明にはまだまだ時間がかかるだろう」
と権威のある方がおっしゃっていらっしゃるようです。


へえ、そうなんだ……

「0で割ってるから誤りだよ」じゃ済まないってことなんですね?


うーん、数学の世界って奥が深い……


と、思っていたら虚構新聞って・・・?

ん?担がれたってこと?

|

2009/10/16

食べ物にまつわる思い出

その文章は、ある詩人が書いたものだった。
ある秋の夕方焼き芋を買いに行くという
子供のころの思い出が綴られていた。


夕食前の間食なんて許されたことがなかったのに
その日はたまたま許されたこと
いざ買いに行こうとすると妹は怖気づいてコタツにもぐりこんでしまったこと
それでも
僕がひとりで買いに走ると妹は必死で後を追いかけてきたこと
買ってきた焼き芋をおばあちゃん、僕、妹で
異常なテンションの高さで笑いころげながら食べたこと


そんなことが綴られた文章。
多分誰もがもっているような思い出のひとコマだ。
そのありふれた思い出話が何故かこんなにも心を熱くする。


どうして
子供時代の食べ物の思い出話というものは
甘くほろ苦く物悲しいものなのだろう。


一つ残ったお菓子を分ける母の手を固唾を呑んで見守ったこととか
珍しく小遣いをもらって息せき切って駄菓子屋に走ったこととか
お弁当のおにぎりが少しつぶれてたり、おかずの汁が染み出して包みやノートを汚してしまったこととか

まだまだ貧しさを引きずっている
昭和の時代の話だからなのだろうか?

それならば飽食の時代といわれて久しい今の子供たちには
こうした食べ物にまつわる思い出は
なんの感慨もないものに変わってしまっているのだろうか?


決して
貧しさを美化するというわけではないのが、

だが、
この甘くほろ苦い思い出がなく大人になる子供たちには
一抹の同情心を感じずにはいられない……

そんな昭和生まれの私、だ。


|

2009/10/06

人は何故旅に出るのか

旅に出ていました、
1週間ほど。

1年前からずっと計画していた旅行でした。
ほとんど手配は個人でやり、
わからないことはネット上で尋ねたり、
期待もいっぱい
でも不安もいっぱい……

そんな自称家庭内ツアコンの私と
その他の同行者たち(夫と子供たち)の間には
微妙な、または歴然とした温度差が生まれているのは
旅に出る前から感じていました。
そして、
多分そのせいでさまざまな軋轢がうまれることも
うっすらとは予感もあったのです。


旅はおおむね順調でした。

ほどほどの達成感もあり、
最後のほうはトラブルも発生しましたが、
それもまた許容範囲内の出来事でした。

それでも
最終日に空港に向かうバスの中、
かすかにほっとしている自分がいるのです。
「ああ、もう今晩の食事をどこでとろうか」と悩んだり、
わからない通りの名前に四苦八苦させらたり、
現地のひとのちょっとした不機嫌さに傷ついたり、
そういうことしなくてすむんだなぁ
と思うとね…


旅って不思議です。
そういう不愉快さがあるのも十分わかっていながら
人はまた旅に出る。

どうしてなのでしょう。

多分人が旅に求めているのは
「快適さ」とは別の、それ以上のものなのでしょうね。


この旅で受けた数々の小さな傷。

それらが癒えたころに
旅日記でもHPにUPしようと思います。

お暇な方はお立ち寄りください。


いまどき
家族旅行記なんて流行らないのでしょうけど、
一応自分の中の区切りの一つってことで
ご容赦いただけるとありがたいです。


|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »