« 延命技術がもたらすもの | トップページ | ちょうどいい距離 »

2010/03/29

「女流」について考える

「女のブログって碌なもんがない」
「面白いサイト管理者って大体性別不詳だったりする」

なんて言葉を目にしました。

なぁるほど。

確かに「女」を前面に押し出すような作品は私もあまり好きではありません。
どうもそういうのには
「女」であることの甘えが出ていたり、
媚を売るような様子が鼻についたり、ね……
逆に言えば「男」についてもこれは言えることなんですけどね。
でも「男」であることを過剰に力説するような人物って、
「女」に比べるとやっぱり少ない……


そこで今回のテーマ「女流」なんですが、
先ほどの私のように考える人っているのは意外と多いからなのでしょうか、
この「女流」という言葉に微かな「侮蔑」を感じる、
そういう人々がいるらしいのを最近知りました。

それを知った最初の感想は
(……へぇ、そうなんだ)
そんな感じ。
子供の頃から女流っていう言葉には
男世界で頑張っている女性みたいなイメージを私はもってきていたので
むしろ憧れこそすれ、侮蔑なんて思ってもいませんでしたね。

女流作家、女流棋士、女流講談師、女流書道家……
この世には女流という流派が数限りなくあります。

男性の作家、棋士、講談師、書道家よりも女流の人たちは劣っているのでしょうか?
自らが「女であること」この世界では稀な存在であることをアピールゆえの
「女流」もありますし、
明らかに柔道などの階級として存在している「女流」もありますので、
一概には言えないのですが、
「女流」って言う言葉は「woman」の「wo」部分になんだか似ている気がします。
男性を意味すると同時に人間全般を意味する「man」にとって、
「woman」は人間でありながらまさに「男とは別の特殊な人間」なのでしょう。
作家でありながら「男とは別の特殊な作家」、
棋士でありながら「男ではない特別な棋士」
講談師でありながら「男とは違う風変わりな講談師」
書道家でありながら「男にはない独特な書道家」。

以前に書いたことがありますが、
女という生き物は「ひと」である前に「女」であることが多い。
良くも悪くもそういうところがあります。
多分その性格は男より色濃いことが多い……
「男と真正面から互角に対峙している、
だから男とか女とか関係なく私の仕事を見てくれ!」
そう思う女性にとってはそういう「女」のサガみたいなのが
とてつもなく嫌なのでしょう。
だから彼女たちは「女流」という符合を嫌う。
そして
「女流」を武器に戦う同性に舌打ちし侮蔑の眼差しを向けるのでしょう。


本当のところはどうなんでしょうね。

「女流」なんて言葉がついているうちは一流じゃない。
それも一理あるような気もします。
でも男性には決して入ることが出来ない「女流」という分野を
肯定的にとらえてそれで勝負するのだって
決して悪くはない。

結局はその人の選んだ道としかいいようがありませんよね。


などと綺麗ごとをいいながら、
私自身を振り返ってみると、
女性ブロガーとか、主婦ブロガーなどと言われることに
とてつもない嫌悪感をもってしまう
自分を感じた次第。


いやはや、理性でわかっていても感情ではだめなんて
やっぱり私も
当たり前の「女」であるに相違ありません。

|

« 延命技術がもたらすもの | トップページ | ちょうどいい距離 »