« 「くだらない番組が許せない」本当の理由 | トップページ | 「幕末かぶれ」対決 »

2010/04/20

「すごい!ほんとうですか?」

職場ではFMがずっとかかっている。
だらだらと流れるその会話に耳をすますと、
繰り返し現れる「あるフレーズ」の存在に気が付く。

それは、

……すごい!
……ほんとですか?


……


「すごい!」って…
「ほんとですか?」って……

ああ
ふたつとも
何て中身のない言葉なのだろう。
とりあえず言っておけば当たり障りがなく
それでいて
言っている側の「なおざり感」がこれほど如実に出る言葉も少なくない。
これらは
繰り返されるほどに
これらを口にする人間の
聞き手としての無能さ、不誠実さ、話し手に対する興味のなさを曝け出してゆく。


聞けば聞くほど馬鹿らしい。
あまりの馬鹿らしさに
自分は
「これらの言葉は今後出来る限り口にしないようにしよう」、
そう心に決めた。
そう言いたくなったら、黙ってソレを飲み込こもう。

結果
「無愛想なひと」ということになっても、
それはそれで仕方ない。

だってそのほうが
「陽気で調子のいいひと」よりは
きっと私にはあっていると思うから。


|

« 「くだらない番組が許せない」本当の理由 | トップページ | 「幕末かぶれ」対決 »