« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/07

「セイムタイム、ネクストイヤー」

夕べ七夕の記事を読んだ。
年に一度の逢瀬。
しかも雨が降れば流れてしまう儚い逢瀬だ。

書き手の女性作家は
その七夕の「年に一度」という繋がりから
「セイムタイム、ネクストイヤー」へと話を続けていく。

お互いの素性も知らぬ一夜のアバンチュールのはずが、「来年の同じ時」の逢瀬を約束して別れる既婚者2人の物語。
その「年に一度の逢瀬」は25年も続くことになる。
互いにそれぞれの時を刻み成長していく二人の交流の深まりを描いたこの作品は、
舞台であるアメリカの時代の変遷なども織り交ぜられたなかなかの秀作らしい。

いわゆる不倫モノなのだろうが、
不思議と嫌らしさを感じないのは何故なのだろう。
年に一度という極めて限定された逢瀬だからだろうか。
二人が自分の、そして相手の家族をも気遣う品位を保ちながら
交流を続けていったからなのだろうか。

不道徳なのだろうが、
既に日常という真綿でとっくに絞め殺されてしまった夫婦間の恋愛感情と
年に一度の逢瀬への想いでは
勝負にならない。
もちろん
裏切られ続けている互いの配偶者にとっては
とんでもない話には違いないが。


映画化もされたようだか、
日本では未公開だとか。
DVDの類も発売されていないらしい。
ただ、舞台上演はされていたようだ。


……夫と観てみたいな。

ふと、そう思った。

結婚18年目。

この舞台を観たとして
彼の胸にはどんな想いが去就するんだろうか?


|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »