« 理解し合えないという点でのみ
理解し合えるというジレンマ
| トップページ | 「炎上」という名の新しい楽しみ »

2012/09/05

夜の水族館

明日提出のレポートのために

「22時までOPENしている」という水族館に行ってきた。


夕飯を食べたあとの午後8時過ぎに家を出る。
こんなに遅く外出するのは久しぶりだ。


電車に乗って10分ほど目的地に到着。
多くのサラリーマンたちが二次会へと盛り上がっている中をすり抜け、
目指す水族館に入る。

中は人もまばらでひっそりしている。
ちらほら見かける客は大方がデート中のカップル。
皆、魚に興味があるというよりは
色鮮やかな水槽内を
イルミネーションを眺めるように楽しんでいるといった風情だ。

そんな力の抜けた雰囲気の中でも
こちらはレポートのためにまめにメモをとり、写真を撮る。
若干その場の空気には浮いているようだが
いさしかたあるまい。

ひとしきり調査が終わった後は、
もはや本日のアトラクションはすべて終了したイルカショーの会場を
ちょっと散策した。
人気のないスタジアムは
がらがらの映画館のようにひんやりとして心地よい。


「寂しい」の一歩手前の感情は、
究極の贅沢に通じるものがあるから……


……


水族館を出て
また雑踏に揉まれながら駅への道を急ぐ。


夜の水族館。

はっきりいって
魚やイルカや海洋生物には全く興味はないんだけど

10年に一度ぐらいなら
また行ってもいいかも……ね。


|

« 理解し合えないという点でのみ
理解し合えるというジレンマ
| トップページ | 「炎上」という名の新しい楽しみ »