« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/07

劇場のマナー

子供が出る音楽会に行って来ました。
平日だったので半休取って…

休暇の申請をした時、上司がこう言ったんです。
「(非常事態の場合の)連絡はつくんだよね?」


……すみません、

「いえ、ダメだと思います」って言えなかったの私の気の弱さゆえです。

だって、
事務所はたった一人の常駐者である私がいないと(=休業)になっちゃうし…
子供の学校行事の参観ごときで
一企業の活動を停止させるのはどうも気が引けて…


というわけで
携帯の電源を切らずにマナーモードの状態で客席に着かざるを得なくなった私。

(マナーモードのバイブって
 接触しているものによってはものすごい音になっちゃうし
 何よりあの着信したときのライトは結構に目につくんだよね、
 特に客席の暗がりでは。)

という経験から、

(携帯は
 ダウンコートのポケットに入れその部分をしっかり握って、
 座るのは
 中座しやすいドア付近の端の席…)

そんなことを気にかけながら音楽ホールに向おうとしたのですが、
結局、出かける前にまさかの仕事のトラブル発生。
それを片づけた後、
遅ればせながらホールに駆けつけ
なんとかぎりぎり開演に間に合ったのでした。


先に行っていた
夫が取っていてくれた席はなんと桟敷の一番奥の「端の席」。

私:確かに「端の席」だけど、これじゃ意味ないじゃん!
夫:え、だってもうトラブル片付いたんでしょ?
  午後には戻るんだし、いいんじゃないの?

……
もう面倒だから携帯の電源切っちゃいましたよ。
おかげでゆっくり音楽を楽しむことができました。
(ちょっとは心配だったけど)


……


ちなみに
夫の隣の方は演奏の間中、ipadをいじっていたそうです。
(多分自分の子供の出ている時は、聴いていたんでしょうが。)

もう、そんなんなら来なくてもいいのにね!

なんて思ったけど、
あんまり他人のことは言えないか。


携帯の電源を切れないヤツは劇場になど来るな!

という辛口のご意見に、

「光もバイブを自分だけにしかわからないように配慮するし
 すぐそっと離席するから、勘弁してよ」

と辟易していた自分を思い出して、思わず苦笑してしまいました。


結論:人は皆自分に甘く、他人には厳しい

ってことですかね。


|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »